ボトックスの効果で綺麗になる

ボトックスの副作用を知っておこう|真実を確かめる

ウーマン

表情じわがなくなる注射

ボツリヌストキシン製剤を表情筋に注射して表情じわをなくすのがボトックス注射です。ボトックス注射は人気のしわ取りの注射です。もともと医療現場で長く使われてきているので、副作用のリスクがなく、安心して打つことができます。

カウンセリング

施術後に起きる変化と作用

ボトックス注射の副作用として、表情筋の動きが鈍くなる、違和感を覚えるといったことが挙げられます。また、一時的ですが注射した患部に腫れや痛み、内出血などの症状が生じるほか、まれに頭痛が起きるケースもあります。

注射

顔の悩みを解消できる施術

シワを取ったり、小顔になれたりといった効果が得られるのがボトックスです。施術を受ける際には、費用の相場や副作用などについてきちんと理解しておくことが重要となります。また、クリニック選びも慎重に行うようにしましょう。

若返りのための注射治療

女の人

基本的な仕組みを知ろう

ボトックス注射というのは、ボツリヌス菌が作り出す成分から毒を抜いたものを、人体に注射する治療法のことです。美容外科ではヒアルロン酸注射と並んでよく使われている手法で、これを使うと、顔にしわをできにくくすることができます。アンチエイジングの方法の一つとして、近年は利用者も増えてきています。コストが安いという点も相まって、大人気になっている美容整形の一手段です。毒素は抜かれているのですから、人体に悪影響はほとんどありません。ですから、誰もが安心して受けられる治療法だと言えます。ただし、このボトックス注射には、麻痺作用があります。注射を打ったところの筋肉が多少動きにくくなるのが、副作用と言えば副作用です。ただし、この「筋肉が動きにくくなる」という効果を得るために打つわけですから、これは何もおかしなことではありません。あまりにも酷いというのでもなければ、問題にしなくてもいいレベルの副作用だと言えるでしょう。たとえば、ボトックス注射は、顔の筋肉の動きを抑制したいときに打つケースが多いです。顔の筋肉が大きく動いてしまうと、それだけ表情を作ったときにシワが目立ってしまいます。目尻のシワやおでこのシワ、ほうれい線などが、笑ったときや驚いたときに気になるなら、この注射を打ちます。筋肉が動きにくくなるのですから、そうした表情を作ってもシワができにくくなるという仕組みです。これは、筋肉が少し麻痺しているから得られる効果です。ただ、頭痛などの副作用が起こるケースも報告されています。その場合は、きちんと医師に相談をして、使用を中止するかどうか考えていきましょう。人によってかなり差はありますが、中には痛みを感じる場合もあります。外部から異物を注射するのですから、一定の副作用はあって当然です。体質によってはアレルギー的な反応が出ることもあるので、異変を感じたら医師に伝えた上で、使用を中止しましょう。また、ボトックス注射といっても今の時代は色々あります。使う成分タイプの変更をしてみると、副作用も解決する可能性があります。一人一人きちんと医師とコミュニケーションを取った上でやっていくわけですから、あまり怖がる必要はないでしょう。万が一のときには、もちろん治療もしてもらえます。多くの副作用は、時間の経過とともに気にならないレベルにまで収束していきます。身体が慣れてしまえば大丈夫ということもありますから、焦らず長い目で治療を続けていくのがいいでしょう。ただ、妊娠中の人はこの治療法を原則として使うことはできません。これは、胎児への配慮からそうなっているルールなので、妊娠中は打つのは控えておきましょう。これはカウンセリング時にも医師から聞かれることですが、もちろん自分でも理解しておく必要性は高いです。毒性を抜いたと言っても、あくまでも毒素の一種には違いありません。使うときには慎重さが求められて当然でしょう。ボトックスは成分が体にもたらす影響にも注意をする必要がありますが、注入する部位も重要となります。適切な場所に適切な量を注入しなければ、思っていたものと違う仕上がりになってしまうので、腕の良い医師を探してお願いしましょう。ヒアルロン酸注射にも同じことがいえますが、ボトックス注射も医師のさじ加減による調整が必要となるので、前もって医師の実力を知っておくことが大切です。